葬儀の堀込屋

まごころで大切な人をお送りいたします

ペットロス症候群にならないために

ペットとのお散歩

「ペットロス症候群」という言葉を耳にしたことはありますか?
家族の一員としてペットを飼っている方であれば、一度は耳にしたことがあるかと思います。
家族としてかけがえのない存在であるペットを失うことをきっかけに発生する体や心の不調のことを「ペットロス症候群」といいます。

ペットロス症候群になると、以下の症状が出ることがあります。

【身体的】

・食欲不振・不眠・吐き気・下痢・便秘・頭が重く感じる・頭痛・しびれ
・めまい・肩こり・やる気がおこらない・じんましん・全身倦怠感・すぐに涙が出る

【精神的】

・落ち着かない・不安・罪悪感・孤独感・集中できない
・パニック・死んだペットの姿が見える

共に過ごしてきた時間が長ければ長いほど、ペットに愛情注いできた分、大切なペットを失ったときの悲しみは大きくなり、ペットロス症候群になりやすいと言われています。
ペットの死は、いつ訪れるか分からないものです。
ペットには、言葉で思ったことを伝えることができません。
ペットの変化に気付いてあげることができず、気がついたときには既に手遅れになってしまうことも考えられます。
ペットを飼っているご家庭では、ペットロス症候群についての知識をもち、いつか訪れる別れへの心の準備をしておくとよいでしょう。
心の準備と共に、悔いの残らないようにペットにしてあげられることを、してあげることがとても大切です。

ペットが亡くなった時にペットロス症候群の症状が出ないようにする為の緩和対策は、供養をしてあげることです。
供養をすることで、愛するペットの死を受け入れることに繋がります。
ペットを供養するには色々な方法がありますが、気持ちに一つの区切りをつける方法としてペット葬儀があります。
大切な家族や友人が亡くなった時、葬儀を行い故人のことを思い悲しむことで死を受け入れることができます。
家族同様に過ごしてきたペットは、家族と変わりない存在です。
これまで嬉しいときも悲しいときも共に過ごしてきた大切な家族へ、最後にしてあげられることとしてペット葬儀の人気が高まっています。

ペットを飼っている方は、いつか訪れるか分からない大切な家族の死の為に
ペット葬儀を取り扱っている業者を事前に調べておくことをおすすめします。
当社は、富岡市でペット葬儀を行っております。
ペットが亡くなった時の対応なども事前に知っておくと安心かと思いますので、
費用やサービス内容等で他社と比較をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

ペットロス症候群にならないために遺品整理を業者へ依頼するメリット葬儀の種類について参列者の服装マナーについて家族葬を行うメリットについて
葬儀が終わった後に行うことお通夜・葬儀・告別式の違いペットを火葬する前に飼い主がする事ご焼香の作法について気をつけたい葬儀のマナー

Copyright© 葬儀の堀込屋 All rights reserved.