葬儀の堀込屋

まごころで大切な人をお送りいたします

ペットを火葬する前に飼い主がする事

ペット

大切な家族の一員であるペットが亡くなった時、家族の皆さんの悲しみも深い事と思います。
人間の寿命と長さが異なる動物は、多くの場合先に天国へと旅立ってしまいます。
ペットが亡くなった時の知識を学んでおくことも、飼い主の大切な役割です。
最近人気のペット葬儀は、人間の葬儀と比較しても費用が安く抑えられます。
こちらではペットの葬儀をする前に、飼い主が行う事をご紹介します。

【身体を丸める】
犬や猫の死後硬直は人間よりも早く、2、3時間で始まります。手足から始まり、腹部、そして最後に頭部といった順で広がります。
前足や後ろ足が伸びきった状態では棺に入らなくなってしまう事があります。そのため、死後硬直が始まる前に、胴体側に足を納めましょう。

【身体を清める】
ペット葬儀をする前に、ペットの身体を清めます。
ペットの場合も人間と同様に身体を清めた後、化粧を施します。
毛並みをブラシで整え、まぶたを閉じ、口元としっぽも整えましょう。
ノミがいる場合、部屋の中にノミを逃がさないように気を付けましょう。
体温が下がるとノミは一斉に逃げ出すので、ペットの身体をタオルで包み、ノミをタオルに移します。
ペットの身体からノミがいなくなったら、ノミを移したタオルはビニールで密閉してすぐに捨てましょう。
ノミがいなくなったら、硬く絞った濡れタオルで全身を拭きます。冷たい水よりお湯がおすすめです。

【保冷剤・ドライアイスの準備】
夏場は気温が高く、ペットの遺体が傷んでしまいます。
火葬するまでの間に、遺体の傷みを軽減するためにも保冷剤やドライアイスを準備しましょう。
ペットの遺体をダンボールに入れて安置する前に、ダンボールの底に新聞紙敷き、その上に保冷剤を並べます。その上にバスタオルを敷いて、ペットを入れ、身体の側にドライアイスを入れましょう。
ドライアイスはペットに直接触れないようにタオル等で包んで使用して下さい。腹部や背中など、全身が冷えるようにしましょう。

ペット火葬を行う前に、きちんと最後のお世話をして、お別れを済ませるようにしましょう。
当社では、ペット火葬代行も承っています。また、ペットの葬具なども販売しているので、葬儀の後もご安心下さい。高崎市、富岡市でペットの火葬代行や葬具などを探しているのなら、当社にお任せ下さい。

ペットロス症候群にならないために遺品整理を業者へ依頼するメリット葬儀の種類について参列者の服装マナーについて家族葬を行うメリットについて
葬儀が終わった後に行うことお通夜・葬儀・告別式の違いペットを火葬する前に飼い主がする事ご焼香の作法について気をつけたい葬儀のマナー

Copyright© 葬儀の堀込屋 All rights reserved.