葬儀の堀込屋

まごころで大切な人をお送りいたします

お通夜・葬儀・告別式の違い

故人との別れの際、お通夜・葬儀・告別式など、様々な式典があります。
どれも故人の冥福を祈り、別れを惜しむために行われるものですが、この違いを明確にご存知でしょうか。

【お通夜】
通夜ぶるまい お通夜は、本来夜通し行われるものです。
人は亡くなってから24時間以上経過しないと火葬出来ない為、丸一日は自宅もしくは式場に安置しておく必要があります。
また、遺体に悪いものが入らないように故人に付き添い、見張りをする意味もあります。

通夜ぶるまいというものが行われ、焼香の後に別室でお酒や料理が振る舞われます。
この食事会はお清めの意味があり、日本酒やビールといったお酒が振る舞われます。
故人と親しかった人々が集まり、葬儀の前夜に故人について語り合う場でもあります。
最近では、葬儀に出席できない方が故人にお別れをする場にもなっています。
故人への供養の意味もありますから、料理を勧められたら一口でも食べるのがマナーです。

【葬儀】
遺族や親族が故人の冥福を祈り、魂をあの世に送る儀式の事を葬儀といいます。
僧侶が読経をして、故人に戒名と授戒を行います。
戒名とは、亡くなった後につけられるあの世での名前です。
授戒とは、故人を仏の弟子として戒律を授ける事をいいます。
この儀式をする事によって、故人はスムーズに極楽浄土に旅立つ事が出来るのです。
焼香は血縁が近い順から行われ、喪主、遺族、親族の順となります。

【告別式】
一方の告別式は、故人へ別れの挨拶をする場です。親族だけでなく弔問客も焼香を行います。
本来、葬儀と告別式は別に行うものですが、最近では葬儀の後にそのまま告別式が行われる流れが多く、短時間で終わる葬式が昔よりも比較的増えています。
告別式には特別な決まりがなく、故人の好きな音楽を流したりする事もあります。
故人を偲ぶ気持ちがあれば誰でも焼香をする事が出来ます。

宗教によってそれぞれ葬儀や焼香のやり方は異なります。
当社では、宗教を問わずに様々な葬儀に対応しております。
一般葬だけでなく、最近人気の高い家族葬やペット葬儀も行っております。
家族葬は費用も少なく済むのでおすすめです。
費用について分からない事があれば、お電話でご相談下さい。
24時間受け付けておりますので、安心してご利用頂けます。
安中市や富岡市にお住まいの方で葬儀に関する事でご相談する事がありましたら、当社にお任せ下さい。

ペットロス症候群にならないために遺品整理を業者へ依頼するメリット葬儀の種類について参列者の服装マナーについて家族葬を行うメリットについて
葬儀が終わった後に行うことお通夜・葬儀・告別式の違いペットを火葬する前に飼い主がする事ご焼香の作法について気をつけたい葬儀のマナー

Copyright© 葬儀の堀込屋 All rights reserved.